上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【山梨県 山梨市 新築 リフォーム 不動産ご相談ください】




sugi_kafun.png


「へっくしょい!!」やってまいりました、毎年恒例の花粉症シーズン。
今年こそは治ったかなと思っても必ず定期的にやってくる憎いヤツです。

私の場合はおおむねゴールデンウィークまでは続くこの症状、ヨーグルト、バナナ、甜茶、花粉体操なるものまで試しましたが、全く改善しません。
結局お医者さんに行って、お薬をもらってくる以外処方がないようです。


kafun_kayui.png


山梨県中の杉やヒノキを刈り取る以外、何か効果的な方法がないのかと、毎朝目覚ましではなく、モーニングアタックにたたき起こされ、眠い目ではなく、かゆい目をこすりながら日々考える今日この頃です。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


TEL: 0553-22-0186

車との懐かしき思い出

スポンサーサイト
テーマ:山梨
ジャンル:地域情報
【山梨県 山梨市 新築 リフォーム 不動産ご相談ください】



こんにちは、これから年末を控え、いまさら知ってるよとお思いになるかもしれませんが、こんな時ですよというお話をさせて頂きたいと思います。

最近の専門誌などを見ていると、新築やリフォームでよく断熱や省エネ、仕様などの特集が組まれている部位があります。
それは、家族が多くの時間を過ごすリビングや奥様の城のキッチン、、、
ではなく
トイレや脱衣室、お風呂などが多く見受けられます。
昔の住宅は先のリビングやキッチンが先ず日当たりの良い所にあって、お風呂やトイレは北側や西側などにどうしても追いやられていました。

それも一つの原因だと思いますが、それで何がおこったか、
ここで今回のテーマ、「ヒートショック」が起こってくるようになったのです。
以前からおこっていたこの現象は、先ほどの住宅状況、高齢化社会、と相まってここ数年がピークになっていくと思われます。
また、お風呂での溺死者の9割が65歳以上ですが、若い方は逆にご両親がその年代であることをお分かり頂きたいと思い、さらに、傾向として、12月から2月にかけて一番事故の多い時期ですのでお話をさせて頂きます。



3



ではそもそも「ヒートショック」って何よ、ってことですが、
さぁ風呂だってことで、暖かいリビングから出て寒い脱衣所で服を脱いで身体が冷えます。
そこでザブーンと暖かいお湯に浸かって今度また身体が急に暖められます。
これ、ちょっとじゃ良いですが、その急激な温度変化に身体が体温を調節しようして脈拍の変動や、血管が大きく収縮して、血圧が大きく上下させます、これによって心筋梗塞や脳卒中を引き起こされて、あっとお風呂内で倒れてしまうという状態です。
よくある話は、寒い所へ行くとブルブルと身体が震えるのはあれも簡単なヒートショックと同じ身体が体温を調整しようとしている状態だそうです。

これは、たまにある話ではなくて、全日本交通安全協会によるとH25年の交通事故死亡者は4,373人ですが、厚生労働省による入浴中の事故死の数はH25年度19,000人の方が一年間に亡くなっています。
実は交通事故によって亡くなる方よりもずっと多いことが分かります。
また、年々少なくなればよいのですが、消費者庁のHPによるとH16年と比較して約10年間で1.7倍に増えています。
しかも先ほど申した通りその9割が65歳以上、もう1月、ご注意頂くには良い頃あいかと思います。



1


ではどう注意するのか、という事ですが、大きく3つのポイントがあるように思えます。

まず第一が環境。
みなさんやってる方も多いと思いますが、温度差を作らなければよい訳ですから、手軽な方法として暖房設備や簡単な暖房器具を入れれば更衣室との温度差は無くなります。
浴室は今では浴室暖房もありますが、それが無い方は高い位置からシャワーで給湯したり、浴槽の蓋を開けておくだけでも蒸気によって浴室の温度が上がります。
また、お湯がもったいないですが入る直前にシャワーを出しっぱなしにして浴室を暖めることも有効だそうです。
部屋部屋間の温度差を作らない、これが先ず一つですね。



2



第二に入り方。
血圧の上下をなるべく抑えればよい訳ですし、我慢比べでもありませんから、お湯の温度は41度以下、入る時間も10分が目安だそうです。
あとはお酒を飲んだり、食べた直後、早朝深夜は避けるなどありますが、消費者庁アンケートによる一番ひやりとしたタイミングは、浴槽から立ち上がった瞬間が一番多かったそうです。
このまま倒れて溺れてしまう危険がありますので、浴槽から出る時は手摺やヘリを使ってゆっくり立上って頂きたいと思います。



4



そして第三が周りの理解だと思います。
上の二つは自分自身の心構え一つで解決していくことができますが、特に今回私自身も思ったことは、私はその年齢ではないから差し迫った問題ではないということではなく、おじいちゃんおばあちゃんがまさしくその年代であり、本人がヒートショックを理解し、心構えがあっても、事故に遭う確率は交通事故よりも高いことを周りの家族も認識することだと思いました。

万が一体調の異変があった時は早急に対応することが重要だそうです。
早急に対応するためにはどうするか、一番簡単なのに一番アンケートで低い結果は、同居者に一声かける、だそうです。
「風呂入ってくるよ」この一声で、周りも意識することができ、本人も安心してゆったりとしたバスタイムが満喫できるのではないでしょうか。



5



「ヒートショック」はこれからがシーズン到来です。些少の意識で防ぐことができると思いますので、お気をつけて今冬を乗り切って頂きたいと思います。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


TEL: 0553-22-0186

競歩大会の思い出




テーマ:快適な生活のために
ジャンル:ライフ
【山梨県 山梨市 新築 リフォーム 不動産ご相談ください】


こんにちは
今回は山梨市のお寺さんの小ホール増築工事のご紹介です。
参列者がお焼香に並ぶ際、暑さ寒さや風雨を避けるための回廊です。

お客様のイメージは
「鳥がさ~っと羽を広げたような感じ」
イメージ資料を提示して頂いたので、その意思が明確に伝わります。
CCI20160511 2

現状
増築する直上には排煙窓があり、高さの制限が出てしまいます。
また、木造の建物にマッチした鉄骨造の建物である必要もあります。
この辺をポイントにどうお客様のイメージにつなげていくかを考え、設計を行いました。


いよいよ施工開始となり、掘りはじめると石がゴロゴロ
151215 宿願寺 002

一つ一つ石を取り除いて、地盤を作り砕石を敷いていきます。
151216 宿願寺 001

がっちり配筋して、基礎完成
151221 005 IMG_0559.jpg


そのころ鉄骨工場では骨組みを加工始まります
IMG_0589.jpg IMG_0613.jpg


現場では既存建物の建築基準法を満たすための排煙窓を設置。
同じように仕上げます。
IMG_0620.jpg


工場でも鉄骨が完成して、錆止め塗装を塗っていきます。
IMG_0641.jpg

外部に面するところは亜鉛メッキを施し、いよいよ建方へ
IMG_0693.jpg


晴天にも恵まれて
IMG_0705.jpg IMG_0711.jpg

鉄骨工事完成です。
銀色に光る部分が亜鉛メッキです。
どんな仕上がりになるのでしょうか?
8


次は内部に移ってきます。
お客様のイメージが完成へと近づいています。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


TEL: 0553-22-0186

増築工事の進め方




テーマ:山梨
ジャンル:地域情報
【山梨県 山梨市 新築 リフォーム 不動産ご相談ください】


こんにちは
ただいま山梨市、峡東地域は桃の花と菜の花が満開の季節になっています

私は昭和61年に行われた、かいじ国体の花いっぱい運動で菜の花を植えたと思っていましたが、山梨市さんによると農家の方が自主的に植えてくれているそうです。

我が家の傍の小路の畑でさえこの艶やかさ
1


地元の我々でさええほのぼのする風景を作ってくださっている農家の方々に感謝です。



桃と菜の花の競演を愛でながら花見でイッパイ
よい季節になりました



最後まで読んでいただきありがとうございました。


TEL: 0553-22-0186

山梨の春~桃・スモモの花だより
建築条件なし~山梨市下石森住宅用地




テーマ:山梨
ジャンル:地域情報
【山梨県 山梨市 新築 リフォーム 不動産ご相談ください】


こんにちは
そろそろ新年度、様々な人達にとっての別れと出会い、新たな生活のスタートです
今月、地元山梨市内の中学校卒業式で祝辞を述べさせて頂きました。


1


卒業生最後の学園祭(友輝祭)
そのテーマは「Colors」~ 今しか創れない最高の色~輝跡と輝憶
私は素晴らしいテーマだと思いました。
みんなのそれぞれの色で塗っていった唯一無二の友輝祭の色は、まさしく友達と共に輝いた輝憶に残る思い出です。

しかし、自分自身の人生という色はまだ塗り終わらず、こればかりは卒業生各々の手で塗り上げなければなりませんが、何色にだって仕上げることができます。と述べさせて頂きました。

でも、これは私達にも言えることですよね、

新しい年度も始まります。
私たちも来年度の色を最高の彩りにしていきましょう


卒業式が終わると保護者が子供を迎えます。
友達を交えみんなで記念撮影
2


それぞれが、違う道へと踏み出す第一歩ですが、
きっと今日の一日、そして、中学校の友人は卒業生にとって変わらない大切な存在となると思います。

みなさん、おめでとうございました








最後まで読んでいただきありがとうございました。


TEL: 0553-22-0186

山梨の春~桃・スモモの花だより
建築条件なし~山梨市下石森住宅用地




テーマ:山梨
ジャンル:地域情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。