fc2ブログ
【山梨県山梨市 平屋 住宅】


こんにちは、
山梨市は晴れてはおりますが少々風が強い日となっております。
みなさま三連休をいかがお過ごしでしょうか。
今日は平屋住宅設計監理の工事着工前の様子を紹介したいと思います。

先ずは実際の建物の位置を確認するために
敷地に設計図面と合わせた縄を張っていきます。
これを地縄といいます。
1

奥にある土の山は、建物が建った後に建物が邪魔して外構工事(外回りの植栽や、フェンスなどです)がやりづらい場合、あらかじめ先に手を付けておきます。
今回は土が石混じりだったので、植木ができるよう客土を入替えておきました。


次に職人さんたちが使うトイレや
忘れてはいけないのは工事看板を現場に設置します。
これには建築基準法による確認申請の許可番号や、
建設業の許可番号、労働保険の成立番号などなど、
誰がどのような工事をするのか第三者にお知らせするものです。
3 2

さて掘るか、、とその前に
建物の正確な場所、高さを決めておく基準を作っておきます。
これを丁張りと言います。
4

5

こんな枠、よく見かけますよね。
侵入防止用の柵ではありません、
蹴ったり抜いたりしないでね
これを基準にして土を掘っていきます。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


TEL: 0553-22-0186

消費税増税前の家づくり
日本の礼節と新年の挨拶



テーマ:山梨
ジャンル:地域情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック